Menu

プロの蜂の巣撤去

蜂の巣

手順を踏んだ駆除のしかた

春暖かくなってくるにつれて蜂が行動し始め、新たに巣を作り始めます。素人でもできないことはない蜂の巣駆除ですが、ある程度駆除の方法に知識があり、蜂が巣を作り始めたまだ巣が小さく、スズメバチの巣以外の場合に限られます。夏も終わりに近付いてくると巣もだいぶ大きくなっている事が多く、8月〜10月にかけてが最も蜂の巣駆除の件数が多い季節になります。比較的多い軒下の蜂の巣駆除の方法ですが、業者での蜂の巣駆除でもいきなり巣全体の蜂を一網打尽にすることはできず、巣に危険が迫ったことを察知した蜂たちは一斉に攻撃体制に入ります。それは巣の規模が大きければ大きいほど危険度は増し、家主はもちろんのこと、近隣への注意換気も必要不可欠です。基本的に駆除の方法は二人以上で行動し、一人は蜂の巣本体への殺虫剤散布、残りは攻撃体制の蜂の捕獲が主な役割です。ある程度蜂の勢いが収まってきたら蜂の巣と家との接合部を切り離し、蜂の巣をまるごとビニール袋の中へ落とし込み縛ります。蜂の巣駆除が終わったら辺りに蜂の死骸が散乱していますが、絶対に素手で触れてはいけません。蜂の毒は死んでもなお一定の期間は毒性を持ちますので、死骸を片付ける際にも細心の注意が必要です。このように巣が撤去しやすい場所にあると限られたわけではなく、時には屋根裏や、木の根元に巣を作る場合もあります。特に屋根裏の場合時間がかかるのはもちろんのこと、家の一部を破壊しなくてはならない方法をとるケースがほとんどですので注意が必要です。

Copyright© 2018 シロアリ予防なら専門に任せる【すぐに駆け付けてくれる】 All Rights Reserved.